産科 婦人科 違い

産婦人科看護師求人.com|人気病院の募集多数!

産科と婦人科の違いは?

女性特有の病気などで病院にかかる場合、産婦人科や婦人科に行きますが、赤ちゃんが出来たときには産婦人科か産科に行きますよね。
この産科と婦人科の違いってどんなものなのでしょうか?
基本的には、名前の通りですね。
産科というのは、お産に携わる科目ですから、主に妊婦さんが患者となり、出産後の新生児の保育もしたりしますね。
一方婦人科というのは、妊娠以外の女性の病気や症状についての診察を行ったり、必要に応じて手術や入院もあります。
治療の目的や内容が違うだけでなく、産科の場合には妊婦さんの不安などの解消や妊娠中毒症への危険性の説明をしたり、マタニティー教室を開いたりします。
また、不妊治療も行ったりしますね。
婦人科では様々な女性疾患に携わることになりますから、病気に対しての知識を持ち、治療に不安を抱えている患者さんの精神的なフォローを行ったりもします。
産科と婦人科の違いはこうしたことが挙げられますが、どちらで働きたいか、また待遇などが違うのかどうかというと、どちらで働きたいかは個人差がありますが、収入や勤務形態にはさほど代わりが無いようですね。
他に敢えて挙げるとするのであれば、産科の場合には出産で喜びの笑顔が溢れるということでしょうか。
もちろん例外もありますが、患者さんも明るく幸せな人が多いですね。
産科の場合には出産後のママに赤ちゃんの沐浴指導や母乳の与え方などの指導もしたりします。
婦人科ではやはり不安や悩みを持っている人が多いので、そうした患者さんに心から寄り添い、フォローしてあげる必要があります。

産科で働く看護師の役割

産科は妊娠をした女性が主に通う場所ですから、産科の看護師の役割というのは、妊婦さんが出産までに不安を感じてしまったりすることを軽減させるということがポイントになります。受診の際に男性医師に立ち会い、妊婦さんの不安感を少なくして、リラックスした状態で受診することが出来るようにしてあげるということもあり...

≫続きを読む

婦人科で働く看護師の役割

婦人科というのは、女性疾患に悩まされる女性にとって欠かすことが出来ない存在ですよね。婦人科の看護師の役割というのは、まず受診する患者の安心感を一番に大切にすることです。婦人科の医師が男性である場合、女性看護師の立ち会いが無ければ診察を行うことが出来ません。診察に不安を持っている女性に対して、男性医師...

≫続きを読む