産婦人科 助産院 違い

産婦人科看護師求人.com|人気病院の募集多数!

産婦人科と助産院の違い

妊娠して出産するまでの間に通うのは、産婦人科と助産院の二つがありますが、この違いが気になっている人もいると思います。
産婦人科というのは、医師が診察を行うので、出産の際に何かのトラブルがあったときにはすぐに対処してもらえますし、安心感がありますよね。常に医師が常駐しているので、妊娠中に出血してしまったりお腹が痛くなってしまったときなどでも、電話をすればすぐに対処してもらえます。
一方で助産院というのは、受診も出産も全て助産師が行い、医師は常駐していませんから、万が一のときには提携している病院へ搬送されたり、紹介されたりということがあります。
妊娠中にずっと助産師さんと色々な話をしていく中で、自然と出産への不安が和らいだり、妊娠中の生活が穏やかになるように、助産師と看護師が妊婦さんを導いていきます。
金額についてま助産院のほうが若干安いと言われているようですね。
出産するときに、楽な姿勢を自分で選択出来たりするし、妊婦さんにとっての気持ちを最優先にしています。
妊娠中には産婦人科に通っていて、出産は助産院といえ人は少なく、妊娠初期から助産院で出産するか、産婦人科で出産をするか、決めた上で通うことがほとんどです。
どちらが良いとか悪いとか、そういう意味ではなく、個人の好き好きによりますが、助産院の場合には医師がいないということで、よほど評判が良くて、信頼出来るところを利用するようにしたいですね。
産婦人科と助産院の違いはこういった内容になっているので、妊娠したら、どちらで出産するのかを早めに決めるようにする必要がありそうです。

産婦人科|院内助産とは

出産に対して不安を感じないという人は少ないと思います。出来ればアットホームな助産院で出産したいけど、何かがあったときに医師がいないのはちょっと怖い…そんなときに、役にたつのが院内助産です。産科の中に助産師が常駐していて、安定期に入ったあとは検診を助産師が行います。そして、育児指導や栄養指導なども助産...

≫続きを読む