産科 看護師 助産師

産婦人科看護師求人.com|人気病院の募集多数!

産科看護師と助産師の違い

産科看護師と助産師の違いでどんな事があるのかというと、一番大きな違いは、看護師免許を持っていることで、初めて助産師になることが出来るという点です。
助産師は分娩の介助を行いますから、看護師以上に知識が必要となり、新生児の保育知識も大切になります。
看護師は分娩室に入ることはありますが、主にモニターの監視などです。出産を終えた母親の体の回復の経過などを管理したりもします。
また、産科看護師というのは、将来的に他の科目に異動になることもありますが、助産師の場合そういったことは無く、いつまでも産科で勤務することが出来ます。
産科での勤務を強く希望する人は、看護師免許を取得したあとで、助産師になるということもありますから、どうしても産科で働きたいという場合には助産師を目指すほうが良いのかも知れません。
産科看護師と助産師の違いはこのように、看護師になってからでないと助産師になることはできず、立ち位置としては助産師のほうが若干上になりますね。
お給料に関しても、やはり助産師のほうが少し高くなっているようです。
助産師は医師がいなくても出産の介助をしますから、それだけ知識や経験がとても必要になりますし、妊婦さんにとって大きな存在になります。
看護師は医師のいる病院への勤務となりますが、助産師の場合には助産院への勤務もできるので、就職先も幅が広いですね。
妊娠や出産に関わりたいという気持ちが強いのであれば、助産師を目指すほうが懸命かも知れませんね。
色々な病棟を経験したいと思うのであれば、産科看護師としての道を歩んでも良いと思います。

助産師になるには

女性にとっての大仕事である出産を手伝う助産師さんは、妊娠した女性にとってはとても心強い存在ですよね。妊婦さんのそばに寄り添い、共にマタニティライフを送っていきますから、笑顔が多い職場で働くことができます。助産師になるには、いくつかの方法がありますが、最もオーソドックスな進路というと、助産師の科目があ...

≫続きを読む

妊娠・出産における看護師、医師、助産師それぞれの役割

産婦人科で働く妊娠・出産における医師および助産師と看護師それぞれの役割というのは、それぞれできちんと決まっていますよね。医師の場合には、赤ちゃんの成長を毎回計測したり、母体に病気が無いかどうかを調べたり、母体の健康状態に異常が無いかどうかなどを調べます。出産のときには、母体と赤ちゃんの様子をみながら...

≫続きを読む