産婦人科 看護師 現状

産婦人科看護師求人.com|人気病院の募集多数!

産婦人科の現状とそこで働く看護師

妊娠してこれから出産を迎える妊婦さんにとって、産婦人科というのは無くてはならない存在ですよね。
しかし産婦人科病院の現状というのは、年々減少している傾向にあり、深刻な問題となっています。
こうしたことが起きてしまう背景には過去の医療ミスなどが深い傷痕を刻んでおり、現在でもその傷痕は消えずにいます。
それからもう1つ、単純に看護師の減少というのも産婦人科が減っている理由になっています。
看護師の資格を持っていても働いてない人がいたり、他の科目への希望が強かったりすることが理由のようです。
それと、産婦人科の場合には助産師がいるから、わざわざ産婦人科に勤務しなくても大丈夫だろうと思われてしまう傾向にあるのも確かです。
ですが助産師は助産院を開院していたりするので、やはり看護師のニーズはとても高いです。
産婦人科病院の現状について、看護師不足によって閉院に追い込まれてしまうところもあり、妊婦さんがわざわざ遠くまで検診に通わなければならなかったり、患者の数が集中してしまう医院では自然分娩に対応しきれずに、計画的に出産をするという方法がとられていたりもします。
まだまだ産婦人科病院の現状は改善される見込みがなく、看護師の需要も高まる一方となっていますから、看護師免許を持っている人は産婦人科への勤務を検討してみるのはいかがでしょうか。
常勤の仕事だけでなく、パートで働けたり、派遣で働ける産婦人科も増えてきていますから、働きやすくなっています。

産婦人科|病院とクリニックの違い

女性が受診をする病院の中で、産婦人科と産婦人科クリニックがありますが、この二つに違いはあるのでしょうか?大きな違いについては、ベッドの数です。病院のほうがベッドの数が多く、規模が大きいですね。精密検査なども行うことが出来ます。産婦人科クリニックの場合は、ベッドの数が限られていて、精密検査などは余り行...

≫続きを読む